イージーヨーは水とお湯だけで作れますが、ミネラルウォーターをしっかり選ぶ事で若干ですが風味を変える事ができます。

 

ミネラルウォーターに限らず、水には種類があり「軟水」「硬水」という区分にわけられています。

 

この区分は1リットルに含まれるカルシウムとマグネシウムの量によってわけられています。1リットルに含まれるカルシウムとマグネシウムの量が120mg以下なら軟水、120mg以上なら硬水となります。

 

日本は軟水が一般的で、海外の山の少ない国等は硬水が一般的となります。これには理由があり、カルシウムもマグネシウムも地層に含まれるものだからです。

 

日本の川は流れが速く綺麗と言われているように、山が多いと浸透する前に流れていくので軟水になります。逆に山がなくなだらかなところだと、川の流れもゆっくりで地層に含まれた成分がしっかり浸透するので硬水となるのです。その為、硬水はミネラルを豊富に含んでいるので、味も若干独特になります。

 

イージーヨーに使うミネラルウォーターの種類をしっかり選ぶ事で、風味を変える事ができるというのはそれぞれ軟水と硬水は飲み応えが違う為で、名前の通り軟水は軟らかい飲み応えで飲みやすく、硬水は硬い感じがするので飲み応えがあります。

 

一部例外はありますが日本は軟水が一般的なので、水道水で作れば自然と軟水の軟らかい風味になったイージーヨーが出来上がります。逆に硬水はミネラルウォーターとして購入しなければいけませんが、硬い風味の食べ応えのあるイージーヨーが出来上がります。

 

ミネラルウォーターの硬度を上げるほどイージーヨーは硬い風味になるのですが、マグネシウムには微弱ながらお腹を緩くする効果があるので、お腹が弱い方などは軟水を使う方が良いかもしれません。





カテゴリー : 詳細情報