イージーヨーは日本の代理店から購入する事ができるのですが、工夫をする事で個人輸入も可能となっています。

 

各国にあるイージーヨー販売代理店はそれぞれ自国内のみの発送なので個人輸入には使う事ができないのですが、それ以外の海外の通信販売会社には日本にも発送しているところもあり、それを利用する事で個人輸入する事ができるのです。

 

イージーヨーを個人輸入する利点は日本では販売されていないフレーバーが購入できる事にあります。日本でも多くの種類が販売されていますが、それでもまだほんの一部で海外に目を向けるとその多さに圧倒されます。

 

長く食べているとどうしても色々な味に手を出してみたくなるものなので、そういった時はイージーヨー個人輸入をする事で、日本にない味を楽しむ事ができるのです。

 

利点があれば欠点もあります。個人輸入の欠点は、海外の業者を利用するので利用するところの言語を理解できなければ注文する事ができません。

 

また、国外からの発送となるのでどうしても配送料が多額になってしまう事も欠点となります。また支払いにもクレジットカードが必要となる場合が大半となります。

 

イージーヨーは世界30ヵ国以上で販売されているので、30ヵ国それぞれ特徴があります。中には個人輸入ができないところもありますが、英語圏であれば翻訳片手に挑戦も難しくないと思います。

 

個人輸入はどうしても敷居が高くなってしまうので、実行するのは中々難しいですが日本では味わえないフレーバーが色々あるので、興味のある方は挑戦してみてください。





カテゴリー : イージーヨーのここが知りたい