イージーヨーは自宅で簡単に作れるヨーグルトですが、意外な使い方と効果があるのはあまり知られていません。

 

イージーヨーの意外な使い道、それは顔など肌に塗って使う事です。イージーヨーをパックとして使う事で、顔のペタペタ感が綺麗にとれて化粧の乗りがグンと良くなるのです。

 

こういったパックに使える食材というのは数多くあり、イージーヨーにすりつぶして混ぜる事でその効果をも得る事ができるようになります。いくつかおすすめの食材を紹介するので、悩みに合わせてイージーヨーに混ぜ込んで使ってみてください。

 

・ハチミツ

肌荒れ対策に効果があります。唇といった粘膜にも効果があるので唇が荒れやすい方に最適です。また他の素材の繋ぎとしても機能するので、とりあえず混ぜて置いて損はないので入れる事をおすすめします。

 

・ニンジン

ベータカロチンやビタミンが豊富で、シワやシミに効果があります。

 

・アボカド

保湿力を高めてくれます。乾燥しがちな時に入れてみてはどうでしょう?

 

・キュウリ

単品でもパックとして使える優秀な素材です。火照った感じをとる鎮静効果と肌表面の悪い成分を吸収してくれる働きがあります。

 

・リンゴ

殺菌効果があり、混ぜ込む事でニキビが出来にくくなります。

 

・きな粉

大豆の粉末であるきな粉には大豆イソフラボンが豊富に含まれています。その為、肌の老化を抑える効果といったアンチエイジング効果が見込めます。

 

正直、果物を混ぜ込んでいるとそのまま食べたくなります。食べても美味しい、肌にぬっても美味しい効果があると、二重の意味でイージーヨーは美味しいヨーグルトなのです。





カテゴリー : イージーヨーを徹底追求