放射能による内部被爆という言葉を聞いた事があると思いますが、イージーヨーは放射能対策にも効果があります。

 

放射能は目には見えないので危険と聞いていても、その危険に気づく事はありませんし、危険にさらされていたとしてもその事に気づく事はありません。

 

原子力発電所の事故により放射能の危険が身近に迫る今だからこそ、日々の対策を強化する必要があるのです。

 

イージーヨーが何故、放射能対策になるかを説明すると、放射性物質である放射性ストロンチウムの特性が起因しています。

 

放射性ストロンチウムは体内に入るとカルシウムと同じような反応を示しめします。そのままにしていると体内に吸収されていってしまい、残り続ける事になるのですが、カルシウムを多く摂取しストロンチウムを薄める事で体内への吸収を抑える事ができるようになるのです。

 

海藻などから摂れるアルギン酸にはカルシウム以上にストロンチウムを体外へ出す効果があるとされていますが、海藻を食べ続けるというのは子供などには辛いので現実的ではありません。

 

そういった時にイージーヨーを食べるようにすれば被害を緩和できると思います。イージーヨーにはカルシウムが豊富に含まれていますし、毎日食べる事も美味しいので全く苦にならないので、老若男女問わず放射能対策として機能するのです。

 

放射能による健康被害は気づく段階になったら手遅れになっているようなものなので、見えない危険だからと侮らず、日々気を付ける必要があります。特に育ち盛りで吸収しやすい子供などイージーヨーを食べさせるなどして重々気を付けてあげてください。





カテゴリー : イージーヨーを徹底追求