イージーヨーは多くの乳酸菌を含んでいて健康にも良いのですが、イージーヨーに豆乳を使う事でより一層健康に良くする事ができます。

 

作り方はイージーヨーを牛乳で増やす方法と似ていて、牛乳でなく豆乳を入れるだけです。イージーヨーと豆乳を1:1の割合で混ぜて、作るときと同じように10時間発酵させればイージーヨーの豆乳ヨーグルトが完成します。

 

半分の量のイージーヨーで1リットルの豆乳ヨーグルト、全て使うのであれば2リットルの豆乳ヨーグルトが出来上がるので経済的にも優しくなります。

 

豆乳には大豆イソフラボン、大豆サポニン、大豆レシチンなど健康に良い成分が多く含まれています。これら成分は美肌効果やダイエット効果だけでなく、骨粗しょう症・高脂血症・動脈硬化・癌の予防にも役立つ成分です。

 

豆乳をヨーグルトで発酵させる事により、豆乳の健康効果とヨーグルトの胃腸へ良い効果が同時に摂れるようになるのです。

 

作るときに注意点があるのですが、豆乳ヨーグルトの元に使うイージーヨーはプレーンなどの何も混ぜていない物を選びましょう。味付きでも作れない事はないのですが、完成してから味付けをしたほうが美味しくなります。

 

使う豆乳も、調整されたものでなく調整されていない豆乳を使うようにしましょう。調整された豆乳だと発酵がうまくいかずに失敗してしまう事があるのです。

 

高い栄養価なのに低カロリーでダイエットにも良く、健康にも良い豆乳ヨーグルト、イージーヨーで作る事で濃厚で美味しい豆乳ヨーグルトになりますので、皆様も是非一度作ってみてください。





カテゴリー : イージーヨーのここが知りたい